令和2年・社会を明るくする運動 講演会



     令和2年度 社明講演会

                             令和2年8月4日(火)

          虐待を受けてきた若者たちを
                   孤立させない社会に



 売春防止法、DV防止法、ストーカー規制法、女性支援法に基づいた
内容で施設は運営され、福祉職の支援員、看護師(助産師)、栄養士、
心理職、保育士等が真摯に向き合い、確実な支援につなげています。

 妊娠36週の妊娠途中から産後6か月位までの利用期間の規約があ
ります。
 利用は無料で提供されており、3食の食事と衣服の用意もあります。
 入寮相談は市区の相談員をとおし、入所の決定は東京都女性相談
センターの対応です。
 
慈愛寮から社会内、或いは地域内で次の生活の場を確保し、社会
内で子育てを見守る仕組みに確実につなげております。
 
退所後も、慈愛寮を実家の様に感じてもらい、退所後の支援も対応
しているところです。


























支援の概要
 虐待、性暴力を経験した少女、女性は誰にも打ち明けられない葛藤
のなかで、自問自答しながら次第に生活基盤を崩していきます
 慈愛会につながらなかった女性は、公衆トイレでの出産も余儀なくさ
れている現状で,
手を差し伸べ、寄り添う時間のなかで彼女たちは自分
を取り戻し、自立への道を固めます。
 親以外の方からの情緒的サポート、地域社会からの支援は実に大き
く、自信を持って踏み出す一歩の貴重な後押しをしています。





奈良少年院・絵本と詩による自己解放


  なかなか自分自身を外にだせない少年たちは、言葉をとおした自己
表現により自身の力で自己を開放し明るく弾ける日常を取り戻しました。
 昔の楽しかった自身に戻る自己回帰に近く、加害者になる前に被害者
を経験した子ども達一人一人への深い認識も大切です。
 自信のなかった子どもたちは、本来の居場所を確認したことでその後
の生きる世界に明るい未来がおおきくひろがります。

 人の営みの日常で、心地よい居場所を見つけた彼らと共にいる
私たちまでが、大きく温かな幸せに包まれる素晴らしい体験でした。









 
皆様から寄せられた講演会ご感想

〇40年前にケースワーカーをしていた時、婦人保護施設に収容した女性
がいましたが、当時と今とでは社会情勢・生活レベルが異なっています。
寮の運営根拠が未だに売春禁止法のままには、驚きました。
一日も早い女性援護法の成立を望みます。


〇虐待を受けた子どもたちに寄り添い、心の奥からの叫び声に優しく耳を
傾ける細金先生に敬意を表します。


〇細金先生の語りが良かったです。優しく響きました。
話を聞いて支援ができる体制は、良い事だと思います。


〇寮 美知子さんのお話は良かったですね。保護司の面接と同じで、話を
聞いて否定してはダメなんですよね。良い勉強になりました。


〇家に居場所を失くした少女たちを取り巻く状況について、必要なものをす
ぐに与えてくれるのが福祉よりも街で出会った男性であること。


〇子どもの脳を傷つける親からの虐待。


〇以前、仁藤さんのお話を伺ってから、活動が進んでいるのが良かった。
地道に続けていると、誰かが見ているんだと思った。


〇室内で間隔をあけての講演会でしたが、定員30名、出席者30名で、細
金講師の愛情豊かな解りやすいお話で、あっという間の一時間でした。
お優しい先生方のご指導を受けた少年たちに「幸あれ」と願わずにはいら
れませんでした。


〇虐待、性虐待を受けている子どもたちがまだ多数いる事実に驚きました。
仁藤さんのコラボ、慈愛会にたどり着いた子どもたちは幸せです。
最後に紹介された朗読が素晴らしく、寮 美知子さんの「空が青いから白を
選んだのです。奈良少年刑務所」に涙が溢れました。


〇女性の生き辛さを鋭く切り取られた報告は、多様な事由から生じる望まれ
ない妊娠・出産・新たな命を育む生活の術は、社会理解がないと成り立ちま
せん。真の支援に繋がりたいものです。


〇一番大切にしたいことは、「人は人の輪の中で育つ」と話され、一人一人
理解することが重要と話された。奈良少年刑務所の詩を創る会の少年達が
寮美知子さんの指導で本来の優しい気持ちを取り戻し、体験できなかった素直な心を教わり詩の本になった。熱のこもったお話に感動され涙する参加者が多くみられた。




本日のお礼

 本年の社会を明るくする運動・講演会は、新型コロナ禍のために感染
防止対策を万全にし、着席空間も充分に確保して行われました。
 ご参加下さいました皆様にはご迷惑をおかけ致しましたが、細金先生
の心温まるお話は大きな感動でした。


 講演会への皆様のご協力に、厚くお礼を申し上げます。







                     
もどる